強プラ管協会とは
強プラ管について
強プラ管の歴史
農業用水用強プラ管(JIS A 5350)
農業用水内挿用強プラ管(FRPM K1111L)
下水道用強プラ管(JSWAS K-2,JIS A 5350)
下水道内挿用強プラ管(JSWAS K-16)
施工事例:農業用水用
施工事例:下水道用
施工事例:その他
規格
配布資料のご案内
DVD「適切な施工」のご紹介
強プラ管の施工要領
技術情報
曲げ配管工法
鞘管工法
管基礎材C-40の適用性
強化プラスチック複合管協会(略称:強プラ管協会)は、1973年6月強化プラスチック複合管(Fiberglass Reinforced Plastic Mortar Pipes、略称:強プラ管またはFRPM管)の更なる品質の向上と施工技術の研究改良を目指し設立されました。
強プラ管は1970年に生産販売されて以来、農業用水用パイプライン・下水道管や、空港、造成地、工場などの雨水排水管などにご利用いただいており、上水道、工業用水、薬液輸送、海水輸送といった用途にも使用されています。また、近年では強プラ管の優れた施工性を活かし、トンネル内やシールド内にも使用されています。特徴は優れた水理特性・水密性・高強度・施工性・耐震性・耐食性などで、呼び径200〜3000のパイプがあります。
強プラ管協会発足後、社団法人日本下水道協会や日本工業用水協会、日本プラスチック工業連盟など各種団体への参画を進めてまいりました。また、下水道展、下水道用管路資器材研修会などに参画し、各事業体での技術説明会の開催など、強プラ管の製品および技術の紹介を進めております。
■協会所在地
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-12-13 日本橋鮒佐ビル6F
TEL:03-3246-0881 FAX:03-3246-0882

地図
■東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」A4出口 徒歩3分