強プラ管協会とは
強プラ管について
強プラ管の歴史
農業用水用強プラ管(JIS A 5350)
農業用水内挿用強プラ管(FRPM K1111L)
下水道用強プラ管(JSWAS K-2,JIS A 5350)
下水道内挿用強プラ管(JSWAS K-16)
施工事例:農業用水用
施工事例:下水道用
施工事例:その他
規格
配布資料のご案内
DVD「適切な施工」のご紹介
強プラ管の施工要領
技術情報
曲げ配管工法
鞘管工法
管基礎材C-40の適用性
■管の種類
管は、内・外圧強さにより下表のように区分されています。
管種 内挿用内圧3種 内挿用内圧4種 内挿用内圧5種
呼び径 600〜3,000
■管の内圧強さ
管の内圧強さは、試験内圧により下表のように区分されています。(単位MPa)
管種 内挿用内圧3種 内挿用内圧4種 内挿用内圧5種
試験内圧 1.4 1.0 0.5
最大設計内圧 0.7 0.5 0.25
■管の外圧強さ
管の外圧強さは、基準たわみ外圧(5%偏平時に上回らねばならない外圧基準値)と試験外圧(破壊してはならない外圧基準値)により規定されています。
■管の形状

内挿用強プラ管(フィラメントワインディング成形)
■水理性
強プラ管と同じ優れた特性を示します。したがって、仕上がり内径を小さくした老朽管の更新工事や掘削断面を最小にしたシールドの内張管としてもお使いいただけます。
老朽管の更新・シールドの内張管
■水密性・耐震性
強プラ管と同様の優れた継手特性により、高い水密性と伸縮・可とう性を示します。これにより地盤変動に対しても、また地震に対しても安全性の高い更新管路やシールド内張管路を造ることができます。
内挿用強プラ管の継手部

呼び径 P(mm) X(mm) 許容曲げ角度
600 200 139 2°30'
1000 220 146 2°30'
2000 330 207 2°30'
3000 430 319 2°30'

■信頼の強度
老朽管の更新やシールドの内張管用途での管の強度は、工場で製造する高品質で強度の高い内挿用強プラ管を用いることに加え、現場溶接不要により腐食の心配もないことから十分信頼性の高い強度を発揮します。
■施工性
内挿用途としての施工性向上を目的に強プラ管より管外径の縮小と軽量化が図ってあります。
このため、老朽管の更新やシールド・トンネルの内張など狭所でも非常に施工し易くなっています。
■曲げ配管
特に緩い曲線が多いシールド線形にも曲げ配管を適用して経済的な内張管路を早く造ることができます。
■経済性
管材費も工事費も安価で非常に経済的な管です。