強プラ管協会とは
強プラ管について
強プラ管の歴史
農業用水用強プラ管(JIS A 5350)
農業用水内挿用強プラ管(FRPM K1111L)
下水道用強プラ管(JSWAS K-2,JIS A 5350)
下水道内挿用強プラ管(JSWAS K-16)
施工事例:農業用水用
施工事例:下水道用
施工事例:その他
規格
配布資料のご案内
DVD「適切な施工」のご紹介
強プラ管の施工要領
技術情報
曲げ配管工法
鞘管工法
管基礎材C-40の適用性
強プラ管について
強化プラスチック複合管;Fiberglass Reinforced Plastic Mortar Pipes(略称FRPM管)は引っ張り強度に優れたガラス繊維と樹脂及び骨材を組み合わせた複合パイプです。
構造(断面)としては、内面、外面がFRP層で中間に樹脂モルタル層を入れたサンドイッチ構造となっています。これにより、内外面の引っ張り強度と中間層の圧縮強度が複合化される事で非常に高強度な製品となっています。
また、強プラ管はフィラメントワインディング成形により製造されています。

○フィラメントワインディング成形(FW成形)とは
 ガラス繊維を切断せずに、長繊維のまま樹脂を含浸させ、芯金上に巻き付けて成形する。

○フィラメントワインディング成形(FW成形)の断面構造
FW成形

○管の仕様
規格
JIS A 5350
JSWAS K-2
呼び径
200〜3000
200〜3000
有効長
4m, 6m
4m
強さ区分
外圧1種、外圧2種、内圧1〜5種
外圧1種、外圧2種